話題の仮想通貨「ビットコイン(bitcoin)」とは?

ビットコインとは?

仮想通貨のビットコイン(bitcoin)が、いよいよ日本でも本格的に普及してきました。家電量販店ビックカメラでビットコイン支払いが可能になったり、テレビCMでビットコインを見たり聞いたりした人も多いのではないでしょうか。

ビットコインっていったい何?

ビットコイン?仮想通貨?ニュースで聞いたことあるけど、、いまいちよく分からない。でも知りたい。 という人の為に、 専門用語や難しい概念などの説明を省き、わかりやすく簡単にまとめてみました。

ビットコイン(bitcoin)とは?

ビットコイン

ビットコインとは簡単にいうと、「インターネット上でのお金(通貨)」です。
そのお金でモノを買ったりサービスを受けたりする事ができます。

硬貨やお札としてではなく、ネット上に存在し安全な取引のために暗号化技術が使われていることから、「暗号通貨」とも呼ばれたりもします。

通貨って勝手に利用者同士が言ってるだけでしょ?とお思いの方も沢山いらっしゃるかと思いますが、ビットコインは国に正式に認められた通貨なのです。

2016年2月24日に金融庁がビットコインは「貨幣」と認定しました。2016年に成立した「改正資金決済法」という法律です。

当時の記事はこちらでご覧ください。

仮想通貨を「貨幣」認定 金融庁、法改正で決済手段に

現金、カード、電子マネー、などに続く 国に認められた新しい支払い方法(貨幣)の1つと覚えておきましょう。

 

ビットコイン(bitcoin)と円やドルなどのお金はどう違うの?

どう違うんだろう?

どちらとも、モノを買えたり、サービスを受けたりする事ができるという点では同じなのですが、発行元という視点で見ると大きな違いがあります。

お金(円、ドル、ユーロ)などは銀行(国)が発行してるが、ビットコインは銀行が発行していません。

皆さんが毎日使ってる日本円は日本銀行が発行元のお金です。国がこの紙切れには1万円分の価値がありますと言ってて、それをみんな信用して今使っています。

その点、ビットコインは発行元が存在しません。では、どうやって誰の信用の元に成り立っているの?という話になるのですが、ビットコインは世界中のビットコインユーザー全員(インターネット上)の信用の上で成り立っているのです。

銀行(国)は倒産(デフォルト)などのリスクがありますが、ビットコインは世界からインターネットというものがなくならない限り無くなりません。

最近の出来事でいうと、インドで突然、国策で高額紙幣が廃止されましたよね?当時の記事はこちらでご覧ください。

インド高額紙幣廃止、モディ氏の賭け(真相深層)

こういった、不安がないのがビットコインの特徴なのです。ビットコインは国が関与していませんから、国の経済や政策によって価値が変わる心配がないのです。

一言でいうなれば、「現実のお金よりも安全なもの」がビットコインなのです。

ビットコイン(bitcoin)の発行元は誰?どこで発行されてるの?

2016.10.17

ビットコイン(bitcoin)のメリットは何なの?

ビットコインのメリット

ビットコインのメリット
1、支払いや受け取りの際の手数料が非常に安価
ビットコイン取引には銀行などが仲介しないので、世界中どこでも個人と個人の取引ができます。

国と国をまたぐ、国際取引の安価な決済手段として主流になりつつあります。

—————-
例えば、日本在住A氏が現金(円)でアメリカ在住B氏さんの商品を買う為に送金する場合
—————-
購入者A氏(日本)

日本の銀行

アメリカの銀行

販売者B氏(アメリカ)
このような流れになります。
—————–

A氏は自身の日本の銀行口座でアメリカドルを買います。ここで為替手数料が1%2%かかります。そこからB氏のアメリカの銀行に送金します。ここで送金手数料が2500円~4000円程度かかります。

仮にA氏が10万円送ろうとするとB氏の手元には9万5千円くらいになってしまいます。

—————-
日本にいながらビットコインでアメリカの商品を買う為に送金する場合
—————-
購入者A氏(日本)

販売者B氏(アメリカ)
このような流れになります。
—————-

ビットコインだとA氏の取引所口座からB氏の取引所口座に直で送れるので手数料は0.1%程度となります。仮にA氏が10万円相当のビットコインをB氏に送付する場合、手数料は100円程度ですみます。

何故、このような手数料の違いが生じるかを説明しますと、銀行が中央サーバーのセキュリティーは支店やATMや運営スタッフ(社員)に膨大な費用をかけているのに対し、ビットコインにはその費用がかからない為です。

日本国内のやり取りでも銀行が違えば同じ事が言えますね。
ビットコインは手数料がかからない理由が一目瞭然ですね。
個人や企業がビットコイン決済を取り入れていくのもうなづけますね。

2、一日の送金額の制限や利用時間制限などがない
通常銀行だと、一日の送金できる金額の上限や、海外に送金する際に何営業日か時間がかかることがありますが、ビットコインだと金額の制限もなく世界中どこでも10分以内で送金できます。

いつでも、どこでも無制限の支払いと受け取りが可能です。また手数料も0.1%程度なので、破格の安さです。

週末や年末年始など銀行営業日を気にする必要なく、365日24時間利用できるのもメリットですね。

3、新たな投資先として注目を浴びている
株やFXと違い、投資先としてのビットコインの魅力は今、右肩あがりで価格があがっている点です。

今後、ビットコインが更に普及し、一般的認知があがるとまだまだ価格があがっていく事が予想されます。

また、株やFXと違い管理者がいないので365日24時間取引できる点も魅力的です。

【買い方】ビットコイン(bitcoin)の取引所を説明するよ!

2016.10.21

まとめ

ビットコインはこれから本格普及!

2017年5月「改正資金決済法」が施行され、様々なサービスへ本格普及しはじめたビットコイン。これを機に、認知度が大きく広がる可能性があり、そうなれば利用できる場面も増えていくでしょう。多くの人が利用しはじめる前にビットコインを一緒に初めてみませんか?快適なビットコインライフに踏み出しましょう。

ビットコインを購入するにあたって初心者にオススメの取引所はコインチェックです。

初心者でもすぐ分かるビットコイン7つのメリット

2016.11.09

素人サラリーマンがビットコインで5万円儲けた方法

2016.12.07

【評価】コインチェック(coincheck)は怪しい?評判と口コミを徹底調査

2017.04.18

 

おすすめの取引所はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です