ビットコイン(bitcoin)を取引所で購入が初めての方へ

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)への投資がはじめての方へ

ここ最近、「ビットコイン」や「仮想通貨」といったワードが注目を集めています。投資に興味のある人なら一度は目や耳にしたことがあるのではないでしょうか。

2017年は仮想通貨元年とニュースやメディアで取り上げられています。
2017年は年始早々よりビットコインの価格が暴騰して、すぐに急落しました。
また、2017年4月に「改正資金決済法」が施行されました。

この法律の施行された今こそが、 ビットコインを代表とする仮想通貨投資を始めるのにはピッタリではないでしょうか。
ビットコインに投資するメリットはズバリ「儲かる」事です。また、スマホ・PCがあれば誰でも気軽に始める事ができる事です。

素人サラリーマンがビットコインで5万円儲けた方法

2016.12.07

初心者でもビットコイン投資で簡単に儲ける方法

2017.03.13

2016年3月、資金決済に関する法律にてビットコインなどの仮想通貨の改正法案が閣議議決されて以来、ビットコインのニュースが世を賑わせてきました。それに合わせて価値も上がり続けています
2010年のビットコインが取引として使われ始めた当時、1BTC=約10円程度の価値でしたが、2017年9月20日時点で1BTC=約430,000円となりました。

つまり、この7年でビットコインの価値が43,000倍になったという事です。
image

2020年オリンピックイヤー(東京オリンピック)に向けて訪日外国人が日本国内での支払い方法をスムーズにする為に、首都圏ではビットコイン決済の導入を進めているサービス店が急激に増えています。海外にはほとのど現金を持ち歩かない人もいるので今のままでは不便なのです。つまり、まだまだビットコインの価値はあがっていくことが予想されます。

2016年12月初旬の海外の投資銀行の予想では2017年中に1BTC=20万円程度まで上昇するのではないかと予想されていましたが
その予想をはるかに超えてしまいました。本年度中に60万まであがるのではないかと予想されています。

この機会を逃さずに、まずは取引所に登録してビットコインを購入しビットコイン投資を始めましょう。
当サイトではビットコインをメインに仮想通貨についてなるべくわかりやすく解説をしていきます。

まず登録すべき取引所3選

image

coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所

ポイント

  • 専用アプリが簡単・分かりやすい!
  • 24時間取引ができる!
  • 取り扱い通貨が豊富!
取引タイプ
  • 取引所
  • 販売所
取り扱い通貨
  • BTC
  • ETH
  • ETC
  • LISK
  • FCT
  • XMR
  • REP
  • XRP
  • ZEC
  • XEM
  • LTC
  • DASH
  • BCH
日本円入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • ペイジー入金
  • クレカ(販売所)
提携銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ゆうちょ銀行
取引手数料0%
日本円出金手数料400円~756円
BTC出金手数0.0005BTC
編集部のコメントリップル(XRP)やネム(XEM)の取り扱いがあるのが高ポイント!2段階認証ログインの設定だけは忘れずに!

Zaif(ザイフ)

モナコインが買える唯一の取引所!取り扱い通貨多数!

ポイント

  • 取引手数料が-0.01%!!
  • コイン積立サービス有!!
  • 国産コイン「モナコイン」取扱い有り
取引タイプ
  • 取引所
  • 販売所
取り扱い通貨
  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • MONA
  • ZAIF
  • XCP
  • BCY
  • SJCX
  • FSCC
  • PEPECASH
  • CICC
  • NCXC
  • BCH
日本円入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • ペイジー入金
  • クレカ(販売所)
提携銀行
  • 三井住友SBI銀行
  • ゆうちょ銀行
取引手数料-0.01%
日本円出金手数料350円~756円
BTC出金手数0.0005BTC
編集部のコメントアプリの使い勝手がイマイチなのとチャートが見づらい点はマイナス。取り扱い通貨が多いのでマイナー通貨の購入はこちらがいいかも!

bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ポイント

  • 業界最大手の安心感
  • 取引所が保険に入っているので安心
  • サイト内でショッピングが出来る
取引タイプ
  • 取引所
  • 販売所
取り扱い通貨
  • BTC
  • ETH
  • ETC
  • LTC
  • BCH
日本円入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • ネット銀行
  • クレカ(販売所)
提携銀行
  • 三井住友銀行
取引手数料0.15%~0.01%
日本円出金手数料216円~716円
BTC出金手数無料
編集部のコメント日本では一番有名な取引所!「とりあえずビットコインを買いたい!」という方にはおすすめ。アプリは若干使いにくいです。

bitbankcc(ビットバンク)

リップルが指値で買えるビットバンク

XRP(リップル)を指値で買える取引所

ポイント

  • リップル(XRP)を指値注文できる!
  • イーサリアム(ETH)を指値注文できる!
  • ライトコイン(LTE)を指値注文できる!
取引タイプ
  • 取引所
取り扱い通貨
  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • MONA
  • LTC
  • BCH
日本円入金方法
  • 銀行振込
提携銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 千葉銀行
取引手数料0%
日本円出金手数料540円~756円
BTC出金手数0.001BTC
編集部のコメントリップル(XRP)やイーサ(ETH)の指値注文ができるのがポイント!ICO用のイーサはここで購入!

ビットコインとは?

image

ビットコイン(bitocoin)とは「仮想通貨」で、実店舗やネットショッピングなどで使う事ができるお金のようなものです。

ビットコインは、発行元を持たないブロックチェーン技術を利用した仮想通貨で世界中から注目を受けています。

また、日本国内では2016年5月に資金決済法が改正されました、これにより仮想通貨が法律上で定義され、仮想通貨利用に向けた環境整備が進みだしました。2017年4月に「改正資金決済法」が施行されました。

これをきっかけに、ビックカメラのビットコイン支払の導入やAIRレジでビットコイン支払いが導入されました。国内で利用できる店舗が一気に24万店舗となりました。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

話題の仮想通貨「ビットコイン(bitcoin)」とは?

2016.10.14

ビットコインの歴史や成り立ちについて

ようやく日本でもTVやネットで話題になってきたビットコイン。従来なかった「革新性が非常に高いアイデア」で、金融やITの専門家の賛同を得て現在に至りました。

ビットコイン自体の歴史は浅く、ビットコインのアイデアがシステム化されてまだ10年経っていません。ビットコインの生い立ちから現在までの歴史を以下記事でできるだけシンプルにまとめました。

ビットコイン(bitcoin)の歴史を簡単に説明するよ!

2016.10.17

ビットコイン(bitcoin)の発行元は誰?どこで発行されてるの?

2016.10.17

ビットコインってどんなメリットがあるの?

6

何故、今ビットコインが注目されているのか?ビットコインが世間から注目されているのにはそれなりの理由があります。その理由にあたる、ビットコインのメリットと魅力について以下記事にてシンプルにまとめました。

初心者でもすぐ分かるビットコイン7つのメリット

2016.11.09

ビットコインってどんなデメリットがあるの?

7

良い点だけではなく、ビットコインにはデメリットもあります。ビットコインのデメリットについて以下記事にてシンプルにまとめました。

初心者でもすぐ分かるビットコイン3つのデメリット

2016.11.11

ビットコインって儲かるの?

8

はい。ズバリ儲かります。投資先として今大変注目を浴びています。
ビットコインは価格の変動幅が大きく1週間で5%以上価格が動く事は珍しくありません。価格の変動幅が大きい程、大きなリターンを得るチャンスも多いのです。

素人サラリーマンがビットコインで5万円儲けた方法

2016.12.07

ビットコインの価格は大きなトレンドで見ると着実に上がっています。ビットコインの価値上昇によるキャピタルゲインを得られる可能性が高いです。

参考までに、
2013年7月に1BTCが約9,200円
2016年11月で1BTCが約70,000円
2016年12月で1BTCが約100,000円
2017年9月で1BTCが約430,000円
この4年で価値が約43倍になっている事がわかります。

4年前に10万円分ビットコインを買っていれば、今(2017年8月)だと430万円の価値になっていたということです。仮に銀行に4年間10万円預けてた場合、金利が数百円つく程度なんです。一度深夜のコンビニATMなどで時間外手数料を支払ってお金を引き出したら金利分は消えます。。

この点がビットコインの魅力なのですね。

また、ビットコインは365日24時間いつでもリアルタイムで取引が可能です。平日や日中はお仕事や子育てで忙しいサラリーマンや主婦でもビットコインなら十分取引を楽しめます。

image

ビットコインは当初1btc=0.00076ドルの価格からスタートしましたが、初期の頃からビットコインに可能性を感じて投資してきた人は今、億万長者になっています。

これから日本国内ではまだまだビットコインの普及が見込まれますので、それに合わせてビットコインの価値が上昇していくでしょう。つまり、今ビットコイン投資に最適なタイミングなのです。

ビットコイン(bitcoin)の市場規模と将来の価値は?

2016.10.17

ビットコイン(bitcoin)の相場の仕組みと2017年の相場予想について

2016.10.17

【買い方】ビットコイン(bitcoin)の販売所を説明するよ!

2016.10.24

ビットコインで儲かった場合は税金がかかるの?

9

はい、所得税がかかります。ただし、年間を通して50万以上の売却益を得た人のみです。年間50万以下の売却益の方は気にしなくて大丈夫です。

それでも気になるという方は以下の記事をご参考にください。

ビットコイン(bitcoin)における税金を説明するよ!

2016.11.01

 

ビットコインに対する不安は?

10

ビットコイン?仮想通貨?えっ、なんか不安なんですけど。本当に大丈夫なの?

と思われる方もきっと多いはず。

海外ではすでにビットコインが決済手段、送金手段として日常的に使われている国もあります。自国通貨より安全な資産として保有してる方もいます。2016年6月のイギリスEU離脱の際には安全資産として金同様にビットコインが大量に買われました。

また、2016年11月のアメリカ大統領選のタイミングや、インドにて高額紙幣が国策により紙屑化した際にもビットコインが大量に買われました。

このように世界中を見渡すと国によっては「ビットコイン=安心」で浸透している中、日本では「ビットコイン=不安」と思っている方もまだまだ多いようです。

そんな方の為に、日本国内におけるビットコインの法的な扱いと、ビットコインを始めるにあたって考えうるリスクについてシンプルにまとめました。

ビットコイン(bitcoin)の日本での法律と施行について

2016.10.18

【不安】ビットコイン(bitcoin)におけるリスクを説明するよ!

2016.10.21

ビットコインについて勘違いしていませんか?

11

ビットコイン初心者によくある、ありがちな勘違いをシンプルにまとめました。ビットコインに対して初歩的な疑問がある方は下記ページをご覧ください。

ビットコイン初心者にありがちな5つの勘違い。

2016.11.04

ビットコインはどこで買えて、どう使えるの?

世界を見渡すとアメリカ、ヨーロッパなどではかなりビットコインが使えるお店やサービス、ATMが増えてきています。アメリカの楽天ではもうすでに支払い方法にビットコインが選べます。

日本でも公共料金がビットコインで支払いができたり、ビックカメラや飲食店でビットコイン支払いができたり様々なシーンでビットコイン支払いが出来るようになってきました。

ビットコイン(仮想通貨)対応のデビットカードも複数存在しています。

では、ビットコインはいったいどこで購入できて、どこでどのように使えるのでしょうか?
ビットコインの買い方や購入方法、使い方をシンプルにまとめたページはこちら。

【評価】仮想通貨デビットカード「ワイレックス(wirex)」の評判と口コミを徹底調査

2017.06.06

【評価】仮想通貨デビットカード「UQUID」の評判と口コミを徹底調査

2017.06.07

ビットコインで支払いができるハンバーガー屋さんでウォレットを使ってみたよ。

2016.12.19

ビットコイン初心者はまずはここから!

12

ビットコインの知識がある程度ついて、とりあえずビットコインを購入してみたい!と思った方は国内に複数ある「取引所」または「販売所」にて口座を開き購入するのが一番早くてスムーズです。

ビットコインの取引所・販売所についてはこちらをご参考にください。

【買い方】ビットコイン(bitcoin)の取引所を説明するよ!

2016.10.21

【買い方】ビットコイン(bitcoin)の販売所を説明するよ!

2016.10.24