コインチェックでアフィリエイトを始めるならまずはこちらをチェック!

coincheck-af

こんにちわミニマーム佐藤です。

仮想通貨取引所は各社でアフィリエイト広告を実施しています。
コインチェックでは、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と呼ばれるアフィリエイトの仲介会社を通さずに、コインチェックに登録をしていれば誰でも簡単に参加ができるので、初心者にも非常に取り組み易い内容となっています。

また、報酬の単価も高額な部類に入るので、良いサイトを作ることができれば、かなりのお小遣い稼ぎになると思います。

アフィリエイト広告とは

一言で言えば成果報酬型の広告です。

例えば、
物販系のアフィリエイトの場合(Amazonや楽天など)は、自分のサイト(ブログなど)に貼った広告タグからの商品購入があった場合、その○%が報酬としてもらえるというシステムです。
物販系の場合は購入金額の1〜5%など単価は低めです。

コインチェックの場合は、自分の広告タグ経由で口座登録後本人確認をしたら成果が発生し、そのユーザーが口座に入金をしたらさらに成果が発生するという仕組みになっています。

コインチェックのアフィリエイトを開始するために事前に準備すること

image

コインチェックの口座を持っていて、且つ20歳以上であれば誰でもアフィリエイトをすることができます。

ただし、本人確認とSMS認証登録をしなければならないのでSMSでの認証、免許証画像の提出は必須となっています。

法人でアカウントを開設する場合も同じフローで口座開設ができるので、法人で媒体を運営している場合は法人アカウントを作成しておきましょう。

口座開設はこちら

コインチェックのアフィリエイトのやり方・広告掲載方法

image
コインチェックは現在どこのASPにも取り扱いはなく、自社でASPの機能を持っています。

コインチェックに登録

まずはコインチェックに登録し、本人確認完了後ログインします。

リンクコードを取得

「設定」→「アフィリエイト」で好きなバナー広告またはテキスト広告(リンクコード)を選びます。

初心者はバナー広告を選びがちなのですが、本当に効果があるのがテキスト広告の方だったりします。
自分がユーザーの立場になって考えてみるとバナーって押すこと少ないですよね?

リンクコードを取得したら自分のサイトに掲載

リンクコードを自分のサイトやTwitterに掲載すればアフィリエイト開始です。
あとはコインチェックに誰かが登録してくれるのを待ちます。

コインチェックのアフィリエイトの報酬条件

コインチェックでは段階的な成果地点が設けられているため、各成果地点に到達すると報酬が発生します。
ただし、発生した成果は承認されないと報酬として受け取れません。

ちなみに今はキャンペーン中(アフィリエイト用語では特別単価”通称:特単”)となっていて成果報酬が大幅にアップしています。

成果地点と報酬
登録 0円
本人確認書類提出 500円2,000円
50,001円以上の入金 2,000円8,000円

本来なら一人が50,001円以上の入金を行った場合、総額2,500円が報酬として受け取れるのですが、特単だと10,000円です。

おそらくコインチェック的に、今は攻め時という判断なのでしょう。

ライバルも多いですが、その分一件当たりの単価が高いのでかなり魅力的です。

入金の承認条件がちょっと厳しくて、承認作業日(コインチェックの中の人が発生した成果をジャッジする日)時点で口座残高が25,000円以上入っていないと承認されません。
広告主からしたら顧客単価が高いユーザーを獲得したいはずなので当然と言えば当然ですね。
なので、サイト作りに重要なのは口座登録しただけて終わってしまうユーザーを獲得するよりも、しっかりと入金して取引をたくさんしてくれそうな人を狙っていくのがいいと思います。

サイト作りで大切なこと

shutterstock_307563257
コインチェックのアフィリエイトで報酬を獲得したい場合は、コインチェックに興味があるユーザーを集めることが大切です。
すでにFXなどの金融関連のサイトを持っている人はそこから展開をしていけば早いと思いますが、一から作り始める場合は仮想通貨関連のサイトになると思います。

特にリップルなどの仮想通貨はコインチェックでしか取り扱いが無いため、リップルの情報サイトは需要があるかもしれません。

サイトがある程度できてきて、ユーザーが集まってきたら広告を貼ると成果が発生する可能性があります。

ここで重要なのはコインチェックをゴリ押しする内容を掲載しないことです。
金融系のサイトに訪れるユーザーの多くは「お金」という欲望が強い反面、「猜疑心」も強く持っています。
しっかりとコインチェックのメリット、デメリットを客観的に分析してユーザーに伝えることが重要になってくると思います。

また、他の仮想通貨取引所との比較もユーザーが求めるコンテンツの一つです。

その他の仮想通貨、ビットコイン関連のアフィリエイト

せっかくコインチェックのアフィリエイトをやるのなら、その他のビットコイン関連の商材も同時に紹介するのがおすすめです。

現在アフィリエイト広告を行っているのは、下記の取引所です。

ビットフライヤーに関してはアフィBでの取り扱いがあるため、ビットフライヤーに登録する必要はありません。

ですが、取引所の使用感やアプリの操作性など、実体験を持って比較レビューすることが重要になってくるので、どの取引所にも一通り登録しておくことをおすすめします。

サーバーやドメインの用意

image
無料のブログでも充分に使用することはできますが、自分でレンサバと独自ドメインを取得した方が安心です。
無料ブログの方が瞬間的なSEO上位表示においては優れている面もありますが、運営会社の方針に左右されることが多いです。
(いきなりアフィリエイト広告が禁止になる可能性も無くはないです。)

ブログ運営をするのであればエックスサーバーなどでWordPressをインストールしてブログを立ち上げるのが簡単です。

また、独自ドメインの取得はお名前.comが一般的です。

上手な紹介の方法

アフィリエイト初心者の方

まずは自分で実際にコインチェックを使用してみてレビュー記事を書くのがやりやすいと思います。
コインチェックの使用感や他の取引所との比較などがユーザーが求めるコンテンツではないでしょうか

アフィリエイト経験者の方

仮想通貨自体世の中の認知度はまだ低い状況なので、まだまだ商標系のワードも狙っていけると思います。

コインチェックのアフィリエイトが成果をあげやすい理由

友人が半年ほど前に立ち上げた仮想通貨サイトでもすでに成果は上がっていて、右肩上がりに売上を増やしています。
理由としては、ビットコインを中心に仮想通貨全体が盛り上がってるからだと思います。
仮想通貨がテレビで取り上げられることもあり、興味を持ったユーザーが検索する回数が多くなってきてるようです。

以下、箇条書きですが、私の考察を記載します。

  • 仮想通貨全体の価値が上がっている
  • 仮想通貨が通貨として認められる法案が通ってる
  • 海外では仮想通貨の流通は一般的になってきているが日本はまだ(これからは日本でも流通が多くなっていくはず)
  • だけど日本ではまだ限られた一部のしか知らない

その中でもコインチェックが特におすすめできる要素としては

  • 取り扱っている仮想通貨の種類が多い
  • アプリが他社のモノに比べて見やすい

アフィリエイトの観点でいえば

  • 段階的な成果地点で着実に成果を上げていける

などが挙げられます。

仮想通貨のアフィリエイトでの副次的なメリット

image
仮想通貨のアフィリエイトを始めるとトレードの画面などを紹介するにあたり、自分自身も取引をすることが多くなってきます。

もちろん少額でトレードを行えば大した負担にはならないかと思います。
また、トレードを行わなくてもコインチェックの紹介はできます。

しかし、前述の通り、仮想通貨全体が上昇トレンドにあるので、気がついたら儲かっていたというケースが発生します。
アフィリエイト目的で始めた仮想通貨取引が、いつの間にかメインの収入源になってしまうことも充分有りえます。

コインチェックで過去のチャートを見ると、明らかな上昇トレンドが確認できるかと思います。

コインチェックアフィリエイトで得た報酬にかかる税金に関して

本業でサラリーマンをしていて、副業でアフィリエイト収入に興味がある方も多いかと思います。
通常の副業の場合は年に20万円以上の副収入があると、確定申告が必要になります。
その結果、翌年の保険料に変動がでて、特別徴収の場合はこのタイミングで会社にバレてしまうケースが多いようです。

コインチェックのアフィリエイトの場合は報酬が「円」ではなく、「BTC(ビットコイン)」で受け取ることになります。
報酬で受け取る通貨を選択できるようになりました。(コインチェック取り扱い銘柄より選択)

本来はビットコイン・アルトコイン収入も納税の対象になるはずなのですが、上述の通り換金しない限りはバレないというのが実情です。

まとめ

一般的に金融系のアフィリエイトは激戦ジャンルとなっていて、新規参入が難しいと言われていますが、
仮想通貨に関しては歴史がまだ浅く、参入の余地はまだあると思っています。

「アフィリエイトは後発でも勝てる」という有名なアフィリエイターの言葉がありますが、
仮想通貨業界に関しては後発の中でもかなり前の方でスタートが切れる状況なので、もし興味がある方がいれば早速サイト作りを始めてみてはいかがでしょう?

公式サイト:コインチェック

【評価】コインチェック(coincheck)は怪しい?評判と口コミを徹底調査

2017.04.18

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です