【レンディング】コインチェック(coincheck)の貸仮想通貨サービスとは?

SARA

コインチェック(coincheck)が日本国内の取引所で業界初となる貸仮想通貨サービス(レンディング)をスタートしました。貸仮想通貨サービスの登録方法や、メリットやデメリット、口コミや評判をまとめました。

貸仮想通貨サービスとは?

lending

「貸仮想通貨サービス」とは、お客様の保有する仮想通貨について、お客様と当社が消費貸借契約を締結することによって、一定期間当社がお預かりし、契約期間満了後にお預かりした仮想通貨と同量・同等の仮想通貨をお返しするとともに、一定の料率で計算した利用料をその仮想通貨でお支払いするというサービスです。

コインチェック公式より

貸仮想通貨サービスの登録方法

1
まずコインチェックの口座開設を行います。口座開設がお済でない場合は口座登録をお済ませください。

①ログインをして貸仮想通貨サービスをクリック

lending1
コインチェックにログインをしてメニューバーより「貸仮想通貨サービス」をクリックします。

②登録ボタンをクリック

lending2
「貸仮想通貨サービスに登録する」をクリックします。

③規約同意にチェックを入れて登録ボタンをクリック

lending3
「仮想通貨消費貸借契約約款」「貸仮想通貨サービスのリスク」の同意ボタンをチェックをして登録ボタンをクリックします。
これで貸仮想通貨サービスの口座開設が完了となります。

④貸仮想通貨アカウントへの入金

lending7
貸仮想通貨サービスを利用開始するには、アカウントへの入金が必要となります。「振替」と「入金」の2種類の方法が選べます。

振替

lending9
自分が取引所アカウントで保有している仮想通貨を貸仮想通貨アカウントへ振替えることができます。

専用アドレスへ入金

lending8
コインチェック以外で保管している仮想通貨を貸出たい場合、各通貨のアドレスを作成してそのアドレスへ入金して、貸出にまわすことができます。

⑤コインを貸出し

lending5
貸し出す仮想通貨、貸し出す期間を選択して仮想通貨を貸出す事ができます。

貸仮想通貨サービスのメリット

ALEX (4)
貸仮想通貨サービス(レンディング)のメリットをまとめてみました。

金利が高い!

どの仮想通貨も365日(1年)で金利5%で貸し出せるのが最大のメリットです。銀行預金で1年間預けていていったい何パーセントになるでしょうか?雲泥の差です。

盗難リスクから解放される

自分で仮想通貨を管理していると、ユーザーの乗っ取り被害や、ウォレットを無くしてしまった、などのリスクがついてまわります。
コインチェックに貸し出しているとその期間はコインチェックが責任をもって管理してくれるので安心です。

貸仮想通貨サービスのデメリット

ALEX (3)
貸仮想通貨サービス(レンディング)のデメリットをまとめてみました。

コインチェックの倒産リスクがある

こればかりはコインチェックに限った話ではないのですが、コインチェックが万が一倒産した場合預けている仮想通貨はかえってきません。

口コミと評判

貸仮想通貨サービスまとめ

仮想通貨の取引所は沢山ありますが、コインチェックは国内で唯一貸仮想通貨サービスを展開しています。
また、取り扱っている仮想通貨も多く今後も銘柄が増えていく予定なので、初心者から上級者まで満足して取引できると思います。

仮想通貨を購入して特段取引をする予定がない場合は貸仮想通貨サービスを利用することをオススメいたします。

【評価】コインチェック(coincheck)は怪しい?評判と口コミを徹底調査

2017.04.18

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です