【XCP】カウンターパーティーの買い方・購入できるのはzaif(ザイフ)だけ!

xcpzaif

仮想通貨カウンターパーティー(XCP)の買い方と購入できる日本国内のオススメ取引所ザイフ(zaif)についてまとめました。

仮想通貨カウンターパーティー(XCP)とは?

xcp
カウンターパーティーは「ビットコインのブロックチェーン上で展開されているオープンソースプラットフォーム」です。
そこで発行されているのがXCPトークン(仮想通貨)となります。

XCPは Proof of Burn という仕組みでビットコインを破壊し、その分だけ作成されています。
2014年1月に2,100個のビットコインがBurn(焼却)されて、約60万個のXCPが生み出されました。

ビットガールズペペキャッシュもカウンターパーティー上の仮想通貨(トークン)となります。

通貨名(単位) Counterparty(XCP)
最大供給量 2,648,755 XCP
アルゴリズム Proof of Work
リリース日 2014年1月2日
公式サイト http://counterparty.io/
取引詳細 https://xchain.io/

仮想通貨カウンターパーティー(XCP)は何に使われているの?

xcp2
現在、XCPは独自トークン(仮想通貨・デジタルアセット)を発行する目的で主に使われています。NEMでも独自トークン(仮想通貨)をできますが、カウンターパーティーの方が簡単に作る事ができます。

今後、カウンターパーティー上で独自仮想通貨(トークン)を発行するサービス業(商用利用)なども増えてくるのではないのでしょうか。

簡単にいうと、今ある様々なポイント(楽天ポイントやマツキヨポイント)などそれらをXCPで置き換えることができちゃうんです。

それではカウンターパーティー(XCP)の活用事例を見ていってみましょう。

ビットガールズ(BITGIRLS)

ico12_mail1
ビットガールズとはTOKYO MXで 2017年3月31日まで毎週金曜日深夜26:10~26:39で放送されていた「発掘!ビットガールズ」という番組です。
この番組は芸能プロダクションという設定でビットガールズメンバー(出演者)たちに仮想通貨を投票できる視聴者参加型の新しい番組でした。
ここでカウンターパーティー(XCP)は活用されていました。

番組の詳しい説明(活用事例)はこちらでどうぞ
テレビ番組で話題の「ビットガールズ」について簡単に説明するよ!

最近だとこのような事例のニュースもありました。
スマホ使いアイドルカード取引 「ブロックチェーン」活用実験 ノーマップス
こういったシーンで大活躍するのがXCPとなります。

ペペキャッシュ(pepecash)

S__6021124
ペペキャッシュはXCPを使ったカードトークン(デジタルアセット)となります。
この発行数の限られたカエルのカードを作るのにXCPが必要となります。

近い将来、野球選手カードやサッカー選手のカードがカードトークンとなる日も近いような気がしますね。
kawasaki
XCPを使ったカードトークンだと偽造や改竄ができないので、「ヤフオクでプロ野球選手のカード買ったら偽造だった!」
みたいな被害はなくなると思います。また、コスト削減にもつながると思います。

カウンターパーティー(XCP)の価格は?将来性は?

xcp4
円建てで、1年スパンで見ると去年の10月に1XCPが300円程度でしたが、現在約1100円程度の価格となっています。

日本国内において仮想通貨への理解がより深まれば、様々な生活シーンでXCPが商用利用・個人利用されていくのではなでしょうか?
それに合わせてXCPの価格も上昇していくことが予想されます。

カウンターパーティー(XCP)を購入できる取引所は?

logo

現在、日本国内においてカウンターパーティー(XCP)を購入できるのはザイフ(zaif)だけとなります。

仮想通貨投資はこちらから!
ザイフはビットコインだけでなく、ネムやモナーコイン他多く「ZAIF(ザイフ),XCP(カウンターパーティー),BCY(ビットクリスタル),SJCX(ストレージコインX),FSCC(フィスココイン),PEPECACH(ペペキャッシュ),CICC(カイカコイン),NCXC(ネクスコイン),ETH(イーサリアム)」の仮想通貨を扱っています。

「とりあえず始めてみたい」「どんなものか見てみたい」という方にもオススメです。

【評価】ザイフ(zaif)は怪しい?評判と口コミを徹底調査

2017.05.01

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です