【COMSA】ICO終了!日本企業最大の調達額109億円(世界6位)これからの流れはどうなるの?

comsaend2

zaif取引所を運営するテックビューロ社によるICOプラットフォーム(COMSA)のトークンであるCOMSA(コムサ)のICOが昨日終了しました。調達額は109億でした。これからの流れを簡単にまとめました。

COMSAとは?

comsacomsa

COMSA は企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートするサービスです。

COMSAでのICO第一号であるCOMSAトークン

テックビューロ社はCOMSAプロジェクトの第1弾として、10月2日から自社のトークンセール(CMSトークン)を開始して、昨日終了しました。

期間:2017年10月2日14:00(JST) – 2017年11月6日14:00(JST)
COMSAトークンを保有していると、以降のCOMSAプラットフォームでのICOに有利に参加できるなど様々なメリットがります。

COMSAのICO調達額は109億円


COMSAでの第一号ICO案件はなんと調達額が109億円となりました。
また、「半数が海外からの資金」との事で、COMSAが世界から注目を受けている事が裏付けられます。

COMSAトークンを買い付け、これからコムサプラットフォームでICOする企業に投資するのでしょうか。

2017年ICO世界調達額ランキング6位

comsaico

ICO調達額ランキング

1 Filecoin $257,000,000
2 Tezos $232,319,985
3 EOS Stage 1 $185,000,000
4 Bancor $153,000,000
5 Kin $97,041,936
→ 6 COMSA     $95,372,124
7 Status $90,000,000
8 TenX $64,000,000

調達額トップ10入りのCOMSAトークン。
世界中から注目されている事が分かります。
海外からの参加が半分という日経新聞の記事も納得できますね。

Coinscheduleより

COMSAトークンこれからの流れ

comsaend
いつICO参加者にコムサトークンが配布され、いつから取引所で取引が開始されるのかをまとめました。

CMSトークンの配布について

トークンの配布は11月中旬〜11月末頃を予定しています。

CMSトークンのお取引について

仮想通貨取引所Zaifにて、CMSトークンの取扱い(取引)開始を予定しています。
※取引可能時期については11月末頃を予定しています。

COMSAでのこれからのICO予定企業は

これからCOMSAでICOを予定している企業はこちらとなります。

メタップス社(タイムバンク)

新電力ベンチャーのLooop、マイニングのCMJ

米国VR/ARプラットフォーマー大手『CYBERLAB 9』

これらのICOに参加を希望する場合はコムサトークンで参加したほうがお得になります。

COMSAプラットフォーム上でのICOをCOMSAトークンで参加すると5%の追加インセンティブがもらえちゃいます!

CMSトークンを購入できるのはzaif(ザイフ)だけ

logo

COMSAトークンを購入できるのはザイフのみとなります。

コムサトークンを上場(取引開始)と同時に買付したい場合は事前の仮想通貨取引所 Zaif 口座開設をお勧めします。

※口座開設まで本人確認を含め、約2週間程度かかる場合がございます。

この先様々なコムサプラットフォーム上でのICOに投資を検討されている方はCOMSAトークンの購入をオススメいたします。

ザイフ公式サイト

【評価】ザイフ(zaif)は怪しい?評判と口コミを徹底調査

2017.05.01

 

おすすめの取引所はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です