【仮想通貨】ビットコインとリップルの違いを説明するよ

リップル

仮想通貨のビットコイン(bitcoin)が、いよいよ日本でも本格的に普及する見通しになってきました。ビットコインに並んでよく話題にあがるのが仮想通貨リップル(Ripple)です。

違いがよく分からないという人の為に、ビットコインとリップルの違いを簡単にまとめてみました。

①リップルとは?

image

ビットコインはブロックチェーン技術を活用した画期的な仮想通貨ですが、いくつかの問題点もはらんでいました。それを解決する意味合いを込めて登場したのがリップルです。

リップルはアメリカのシリコンバレーにある、OpenCoin社が開発しました。このOpenCoin社のCEOは2013年に日本でビットコインを話題にさせたマウントゴックス社を作った人でもあります。

話題の仮想通貨「ビットコイン(bitcoin)」とは?

2016.10.14

②リップルには運営主体がある

img

ビットコインと違い、リップルには運営主体があります。Ripple Labs,INCのサービスとなります。

リップルは、銀行などのサービス会社がRipple Labs,INCと話し合いの上、会社対会社としてサービス面で「提携」するような事ができます。実際に、大手金融機関などが話し合いを進めています。

世界中の大手銀行でのリップル採用がどんどんと決まっていっております。

一方、ビットコインでは話し合いをするなどの相手が存在しない(運営主体が無い)為、現状のビットコインを「採用」する事しかできません。

ビットコイン(bitcoin)の発行元は誰?どこで発行されてるの?

2016.10.17

③リップルは決済速度が速い

img

ビットコインでは決済に10分程度の時間を要する事になりますが、リップルは約2.5秒で決済する事ができます。1秒、2秒を競うようなサービスにおいては、リップルのほうが向いているのかもしれません。

④供給量全てが流通している

発行枚数2100万枚上限で、日々マイニング(発掘)により流通枚数が増えていっているのがビットコインです。

一方、リップルは発行枚数が1000億枚上限で、1000億枚が全てネットワーク上に供給されています。よってマイニング(発掘)というものはリップルには存在しません。

【発掘】ビットコイン(bitcoin)のマイニング投資は儲かるの?

2016.10.21

まとめ

運営主体が存在していて、決済速度がビットコインに比べて早い。流通上限枚数は1000億枚で、その全てがネットワーク上に供給されている。よって、マイニング(発掘)というものは存在しない。

ビットコインもリップルも購入できる取引所はビットバンクです。

初心者でもすぐ分かるビットコイン7つのメリット

2016.11.09

素人サラリーマンがビットコインで5万円儲けた方法

2016.12.07

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録してビットコインを購入してみよう

2016.10.28

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です