ビットコイン(bitcoin)における税金を説明するよ!

税金

仮想通貨のビットコイン(bitcoin)が、いよいよ日本でも本格的に普及する見通しになってきました。ビットコインを始めて儲かった場合の税金はどうなるの?と疑問に思われた方も沢山いらっしゃると思います。そこで、ビットコインにおける税金について、簡単にまとめてみました。

image

ビットコイン購入時の消費税が非課税になる見通し

image

日本政府は、2017年春を目途にビットコインへの消費税を非課税にする方針を示しました。
リリースはこちらをご覧ください。

購入時の消費税を非課税に 財務省など検討

現在、ビットコイン購入時に8%の消費税がコストとしてかかっており、その8%のコスト(手数料)の高さからビットコインへの投資を控えていた人も沢山いたのでは?ないかと思います。

仮に、外貨預金やFX取引などの手数料が8%であれば取引をしない人がほとんどではないでしょうか。

ビットコインは外貨預金などと比べると圧倒的に少ない手数料で受け取りや支払いができるのですが、購入時に消費税が課せられている為、メリットが半減しているとの声もあがっていました。

ビットコインは8%の消費税を払ってでも、保有する事によりそれ以上の価値上昇が見込めるいう判断で購入されている方がほとんどだと思います。

2017年春にビットコイン購入時の消費税が非課税になれば、どのような変化がおこるでしょうか?

非課税となれば、ビットコインをより安く買うことができるようになります、購入コストが一気に8%も下がるのですから、ビットコイン投資に関心を持つ人が更に増えると考えられます。

ビットコインで儲けた場合の所得税は払うの?

image

はい。払わないといけません。

ビットコインを購入し、購入時より価値が上がってタイミングで売却をして売却益を得た場合、売却益に対して所得税が課税されます。

やったー。ビットコインで利益でた!利益全部丸儲けとはいかないですので、ご注意ください!!

個人がビットコインで得た、売却益は「譲渡所得」にあたります。

また、「譲渡所得」には50万円の特別控除枠があり、50万以下の利益には課税されません。つまり、50万以内の利益であれば丸儲けという事になります。

※50万以上の場合は確定申告が必要になります。
※他の所得がある場合、すべて合算して50万以下の場合のみが非課税なのでご注意ください。

まとめ

image

・2017年春頃より、購入時の消費税はかからなくなる

・年間50万以上の売却益が出た場合は所得税がかかる(確定申告が必要になります)

という事になります。今後も金融庁や国税庁の発表をチェックして随時更新していきます。

初心者でもすぐ分かるビットコイン7つのメリット

2016.11.09

素人サラリーマンがビットコインで5万円儲けた方法

2016.12.07

coincheck(コインチェック)に登録してビットコインを購入してみよう

2016.10.28

 

おすすめの取引所はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

1 個のコメント

  • ビットコインで利益がでたかどうかなんてどうやって税務署は把握できるの?

    また、申告用の記録もないに等しいと思われるんだけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です